1組盗撮される

Pocket

ある日の1組でのこと。環輝のロッカーからとんでもないものが見つかった。
環「あれ?なんだろこれ?」
環輝は箱のような物体を取り出し、他のメンバーにも見せる。
麗「アン、それなんなの?」
環「知らない。アンのロッカーの中に入ってたんだし。」
水「爆弾とかじゃないよな?」
咲「みなちゃん怖いこと言わないでよ・・・」
環「あれ、この箱開けられるみたい。開けてみよっと。」
環輝は箱の開きそうな部分に手をかけると、ゆっくりと蓋を開いた。すると中には・・・
環「なんだろこれ・・・ちょ、これ隠しカメラじゃん!!!」
陽「隠しカメラってことはぁ・・・」
柚「そのカメラでボクたちの様子がずっと撮影されていたって事!?」
櫻「じゃあまさか自分たちの体育の着替えとかも・・・」
和「たぶんね。隠しカメラって盗撮にも使われるって話聞くし・・・」
環「今調べてみたけどこのカメラパソコンにつないで見れる奴みたいだし、ちょっと見てみようか。エレナちゃんパソコンある?」
エ「持ってる・・・こっちに頂戴・・・」
環「はい。」
環輝はエレナに隠しカメラを渡す。エレナは手際よく小型のパソコンを取り出すと隠しカメラの端子とケーブルをつなぎカメラのデータをパソコンに読み込ませた。
エ「動画ファイルは全部で5つ・・・おそらく私たちが撮影されていると思う・・・」
麗「どれから見てみる?」
和「ここは順番に見ていくのがいいんじゃない?」
エ「分かった・・・それでは1つ目・・・」
エレナは手際よく動画の再生を行う。
1つ目の動画には暗闇でよく見えないがカメラを設置したと思われる人物が映っていた。
2つ目の動画には雑談する1組全員が映っていた。
奈「1つ目の動画に映っている方は誰なのでしょうか・・・」
嘉「たぶんこのカメラを設置した奴なんやろうけど・・・暗くてよく見えへんなぁ。」
咲「だけど、どこかで見たことあるような気がする・・・」
エ「次行く・・・」
3つ目の動画には雑談をしている1組メンバーが映っていた。
4つ目の動画には体育の前の時間に着替える1組メンバーが映っていた。
麗「やっぱり着替え撮られてる・・・マジありえない・・・」
凛「これ、警察に通報したほうがいいのではないでしょうか?」
水「たぶんカメラを出しただけじゃ取り合ってくれないと思うぞ。」
エ「最後のやつ再生する・・・」
5つ目の動画は4つ目の続きのようでより肌色感を増した1組メンバー全員が映っていた。
ア「これはひどいデス!ワタシたち見世物なんかではないデスのに・・・」
櫻「自分の胸貧層だなぁ・・・」
柚「なら、先に犯人捜しをした方がよさそうだね。」
咲「犯人に見当あるのちーちゃん?」
柚「ボクの推理に過ぎないけど、ボクたちは女の子だから、こういうことをするのは男の可能性が高いよ。」
姫「確かにそうなのだ。女が女の肉体を見て興奮するなんて・・・ありえなくもないけど、かなり例外だろうな。」
奈「それわたくしたちが言うセリフではないような気がしますわよ。」
柚「そうだよ苺瑠ちゃん。その点を踏まえて、この学校にいる男でここによく出入りしているのは・・・あの人だよね?」

数十分後。1組の教室には帰りのHRをしにやってきた鮫川先生が捕まっていた。
鮫「・・・帰りのHRをしようと来ただけなのになんで私を拘束したんだお前ら。」
麗「勝手に捕まえたりして悪いとは思ってるけど・・・」
凛「貴方ですからね。殿方でこの教室に一番出入りしているのは。」
奈「柚歌さんの推理ではこのカメラを仕掛けたのはわたくしたちの身体に興味のある男だという答えが出ましたの。」
鮫「それは隠しカメラ・・・違う、私じゃない!」
嘉「せやけど、ウチらのクラスに一番出入りしている男は鮫川先生やんなぁ?」
鮫「柚歌~!推理したのお前だろ助けてくれよ・・・」
柚「いや、あくまで可能性のがあるだけって言ったのにで皆が勝手に鮫川先生を捕まえようと動いたから・・・」
咲「みんなこう言っているけど、鮫川先生、盗撮やってないんですよね・・・?」
鮫「やってないって!私は隠しカメラなんか生まれてこの方扱ったことなんかない!」
咲「ちーちゃん、やっぱり私は先生が犯人なんて思えないよ。」
柚「そうだね・・・先生からその言葉聞けて安心しました。ここまで言うなら信じます。水萌ちゃん、拘束解いてあげて。」
水「ああ、分かったよ。」
水萌は鮫川先生の腕の拘束をほどいた。その後、鮫川先生は咲彩から詳しい事情を聴いた。
鮫「そうだったのか・・・今回お前たちが私を捕まえたのにはちゃんと理由があるし、不問としよう。」
環「鮫川先生じゃないとなると誰がこれ仕掛けたんだろ?」
和「案外塩車じゃないの?あたしたちのスタイルを録画して参考にしようとでも・・・」
櫻「自分そんなことするつもりないよ!」
ア「そうデス!ワタシたちのエロ画像を撮影したところでバストアップの参考には何もならないデス・・・」
櫻「ラニーちゃん、さすがに今のは傷ついたかも・・・」
鮫「・・・そうだ!お前たち、いい考えがあるぞ!」
麗「それってどんな作戦?」
鮫「まずは、カメラを元の場所に戻すんだ。それで仕掛けを作って・・・」
姫「うむ、それはいい方法なのだ先生!」
柚「さっそく実行しよう。運が良ければ犯人を捕まえられるかもしれないよ。」
1組メンバーは鮫川先生の考えに従い、カメラを環輝のロッカーの元あった場所に戻して仕掛けを設置した。

その日の夜・・・1組の教室には謎の人影があった。
?「うふふ・・・1組連中のわからないようにこのロッカーに隠しカメラ仕掛けてみたけどうまく行っちゃったかも。
後は顔をモザイク処理して着替えシーンをアダルトサイトにアップして、金もうけを・・・」
人影はカメラを仕掛けた環輝のロッカーを開け、中に置いてあった隠しカメラを取り出す。しかし・・・
?「よし、これで・・・きゃあああ!!!」
隠しカメラを手に取った瞬間、上から頑丈なネットが振ってきて人影に被さった。
?「ちょ、何よこれ・・・」
更に人影の周りから謎のノズルがいくつか出てきて、催眠ガスを人影に向かって吹きつけた。
?「ああ、もうだめ・・・zzz・・・」
人影は催眠ガスで眠ってしまった。そこから朝まで動くことはなかった。

次の日・・・愛麗たちは学校に登校すると、ネットの中で眠りこける犯人・・・少女を全員で見ていた。
咲「この子が犯人なのかな・・・」
姫「見慣れない奴なのだ。誰か知ってるかこいつ?」
?「うーん・・・もう朝・・・朝!?まずいここから早く脱出を・・・」
柚「もう手遅れだよ。君の負け。」
?「ちっ・・・」
麗「あんただったのね!あたしたちのことを隠しカメラで撮っていたのは!」
?「ばれちゃしょうがないわね。そうよ隠しカメラを仕掛けたのは私!」
柚「それより君は?」
?「私?私は埼玉(さきたま)雲母。誇り高き埼玉一族の血を継ぐ最高峰の存在よ!」
エ「埼玉・・・名前だけは聞いたことがある・・・たしか埼玉県(さきたまけん)の名のきっかけになった一族・・・」
陽「4組ってことはおじいちゃん先生のクラスだねえ。」
環「自称最高峰の存在のくせに盗撮するなんてばっかじゃないの。」
埼「うるっさいわね!私は本来であれば1組に配属されるほどの成績の持ち主なのよ!」
凛「なら、あなたの個性はなんですか?1組に入れるというのならそれ相応の能力を持っているはずです。」
ここで説明。現在の水晶学園は学力ではなく個性の強さと持っている特技でクラスが決まるようになっているのである。
埼「ふふふ・・・聞いて驚いちゃだめよ。私は絵がうまくて・・・」
姫「絵なら柚歌君の方がうまいぞ。この歳で1億の価値がある絵を描いているのだからな。」
埼「なら、私は幾多の音楽コンクールで最優秀賞を・・・」
麗「音楽なら凛世の方が上だから。絶対音感も持ってるし作曲もできるのよ。」
埼「なら・・・盗撮の才能よ!こうやって盗撮をしてアダルトサイトにばら撒いて馬鹿な男を釣り上げて金を・・・」
水「墓穴掘ったなこいつ・・・」
咲「あのね埼玉さん。私たちに限らず、人の着替えを盗撮してアダルトサイトに流すのは犯罪なんだよ?」
埼「うるっさい!早く解放しなさい!私はこの動画でアダルトサイトのトップを目指すのよ!」
ア「話が通じてないですネこの人と・・・」
環「アンのロッカーに設置した理由は?」
埼「・・・あんたがハッカーだって噂聞いたから、最悪の場合責任を押し付けられると思って。」
陽「ふざけないでっ!!!もしアンちゃんが犯人扱いされていたらやりもしていない責任を被ることになったんだよっ!!!
貴方はなんで水晶学園に来たの!?その盗撮の才能でみんなを苦しめるため!?そんなこと考えてるならわたし貴方を許さないよぉ!!!」
咲「はるちゃんが怒った・・・従姉妹の私も初めて見たかも。」
嘉「せやけど、陽瑚ちゃんが怒るのは当然やと思うで。一歩間違えて入れば大事な人がいなくなったかもしれへんもんな。」
環「ハル・・・ありがとね。」
埼「のんびり屋の学級委員長ごときにそんな説教なんかされたってなんも響かないから。」
陽「うう・・・」
和「一々癪に障るやつね。」
姫「それを君が言うのか・・・」
麗「もうこいつはおじいちゃん先生のところに連行しよう。それで指導してもらわないと。」
柚「それが妥当だね。おじいちゃん先生はベテランだし、相当な処分が下るだろうね。」
埼「大山先生のところに!?いや、それだけはやめて・・・退学になったら埼玉一族に泥を塗ることになっちゃう・・・」
凛「人の許可もなく勝手に盗撮を行うような一族なら滅んでくれて構いません。」
エ「それに貴方の家系の事調べさせてもらったけど・・・貴方の埼玉家は分家・・・たぶんおそらくその実家に過剰にしがみつこうとする姿勢は本家への嫉妬・・・」
埼「そ、それは・・・」
和「いい加減観念したら?今なら停学くらいで済むんじゃないの?」
埼「誇り高き埼玉一族に停学など許されないのよ!」
姫「カメラを設置して堂々と盗撮をしている自称誇り高き一族に言われてもなぁ・・・」
柚「反省する様子もないみたいだしね。」
埼「むうううううう・・・」
その時、鮫川先生が朝のHRを始めようと教室に入ってきた。
鮫「お前ら、朝のHRを・・・って何やってるんだ。」
咲「先生おはようございます。盗撮の犯人が捕まったんです。」
鮫「あの装置で捕まえられたのか・・・それで犯人は、え?4組の埼玉じゃないか。なぜお前が・・・」
埼「鮫川先生・・・助けてください!!!私こいつらにいじめられたんです!」
麗「ちょっと!何言いがかりつけてんのよ!」
凛「先に悪いことしたのはそっちですよね?」
奈「わたくしたちに責任をなすりつけようとしているのですね。」
鮫「埼玉。拘束ネットに捉えられている状態で嘘を言っても説得力ないぞ。」
埼「あ、それもそうですよね!今抜けます・・・取れない・・・」
エ「当然・・・それは私の発明品だから・・・名づけて、ガラスでも切れない頑丈ネット。」
和「そのまんまの名前ね・・・」
鮫「埼玉。お前のしたことはとても重い。一族の誇りだか知らないが、大山先生にこのことは報告させてもらう。」
埼「お願いです・・・私の一族の誇りにかけて許してください・・・」
鮫「ダメだ。私を疑ってしまうほどこいつらは傷ついたんだ。反省もしていないみたいだし許すわけにはいかないよ。」
埼「そうやって自分のクラスの生徒をひいきばかりしてるんですねあなたは!」
鮫「・・・なあ、私何か間違っていること言ったか?」
水「先生の言ってることに間違いなんてないと思うぞ。」
ア「急に怒り出すなんて、情緒不安定のようデス。」
嘉「こいつさっきっから意味の分からへんことばかり言っているしなぁ。」
柚「話すだけ無駄ってやつだね。」
鮫「そうか・・・なら、今から大山先生に連絡を入れて引き取ってもらおうか。二度とこんな真似ができないように強く言ってもらうからな。」
埼「私の・・・私の完全計画がああああ!!!」
結局埼玉は鮫川先生から連絡をもらった担任のおじいちゃん先生に連れて行かれてこってり絞られ、1か月の停学処分となった。
カメラのデータはエレナの手によって消去され、アダルトサイトに1組の盗撮動画が投稿されることも無かった。

そして1か月後・・・
麗「ねえアン、あれから隠しカメラ設置されたことあった?」
環「今のところはないし。埼玉も今回の件で反省したんじゃね?」
柚「だといいけどね。今は隠しカメラもスマホケース型とかバッグ型とかいろいろあるからまだ油断はできないよ。」
咲「埼玉さん、なんで私たちを恨んでいたんだろう?」
凛「おそらく嫉妬の問題だと思いますよ。」
和「自分は由緒正しき埼玉家に生まれたはずなのになんで水晶学園1組に入れなかったんだって嘆いているわけだし。」
姫「そもそもこの学校は普通の道を選びたくない生徒向けの学校のはずなのだ。」
奈「そこまでレベルの高いところに行きたければ、近くの偏差値78の公立騎ノ風学園へ進学すればよかったはずですわ。」
麗「つまり、自分は騎ノ風学園に進学できなかったから水晶学園に来たけれど今度は個性が薄すぎて1組に入れなかった!
由緒正しき埼玉家の私が1組に入れないなんておかしい!・・・そうか、だったら今の1組の奴らを引きずりおろせばいい。
1組の裸を盗撮してアダルトサイトにばら撒けば全員夜の世界堕ちして私が1組に入れる!・・・って感じの考えだったってことね。」
和「大体それであってるわ南星。」
環「名家の出身とはいえとんでもない考え方しているわね。」
奈「ああいう奴にはなりたくないものですわね。」

一方、1か月の停学を経て学園に復帰した埼玉はまだ反省していなかった。
埼「見てなさい1組!私が停学中に50万円で手に入れたこの最新式のマイクロカメラで、今度こそあんたたちを盗撮・・・」
じ「埼玉、何をやっておるんじゃ?」
埼「お、大山先生!?」
じ「何驚いているんじゃ?まさかまた1組を盗撮しようと考えておるのではないだろうな?」
埼「1か月も十分反省した私がまたそんなことするわけないじゃないですかあははははは・・・」
じ「まあそうじゃな。お前はわしがこってり絞ってやったからのう。
埼玉よ、そんなに上に行きたければ個性を磨いて才能を開花させるのじゃ。それができなければお前はいつまでも上へは進めんよ。」
おじいちゃん先生はそう言うと埼玉から離れていった。
じ「ったく、何が個性を磨け!よ・・・あーあ、敵が増えちゃった・・・」
盗撮未遂がばれたことにより1組全員だけでなく、担任のおじいちゃん先生からも信頼を失くした埼玉はがっくりと肩を落とすのだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です